眠れない原因とは

即効性で人気↓

夜眠れない人が増えている

 

現代人は、5人に1人が不眠で悩んでいるといわれています。

 

これにはさまざまな理由があるでしょう。

 

まずは仕事などのストレス。

 

ブラック企業、なんていう言葉もありますが、仕事が忙しすぎてストレスがたまっている方が多いでしょう。
仕事が忙しいからゆっくり睡眠をとることが出来ない、体を休めることが出来ない、だから不眠になりストレスもたまり…という悪循環。

 

働きすぎているがゆえに不眠に陥っている人はたくさんいます。

 

また、忙しすぎるだけではなく、仕事でのストレス、人間関係のストレスなどが原因で不眠になってしまう場合もあります。

 

 

最近は、スマートフォンが普及してきましたね。

 

夜遅くまでスマートフォンを見ていませんか?
スマートフォンの光も眠れなくなる要因のひとつです。

 

生活環境や仕事の環境などが原因で眠れなくなっている人はとてもたくさんいます。

 

さまざまな要因に悩まされて、眠れなくなっていり歩とがどんどん増えているのです。

 

眠れない原因とは

 

不眠 原因

 

なんだか最近良く眠れない…。

 

これには何かしらの原因があるものです。
突発的なものもあれば、常用的なものもあります。

 

特にどんな原因が多いのでしょうか?

 

まずは突発的要因について説明をします。

 

一日に満足していないと、なかなか眠ることが出来ないでしょう。

 

やることが残っていたり、やらなければいけないことを残してしまっていたり、仕事等で忙しくて自分のことをやれていない、楽しく遊んでいて遊び足りないなどのときは、一日を終えることが出来ないと感じてしまい眠れなくなることがあるといわれています。

 

パソコンやスマートフォンを寝る前に見ていても、眠れなくなってしまうでしょう。
明るいライトの刺激を受けると、脳が夜だということを認識せずに、眠りをさえぎってしまいます。

 

人の体は夜だと認識することで眠ることが出来るので、睡眠前にスマートフォンやパソコンを見すぎないようにしましょう。
最低でも睡眠の一時間前にはスマートフォンやパソコンの閲覧をやめるようにして下さい。

 

カフェインの取りすぎもいけません。

 

カフェインには覚醒作用があります。
そのため寝る前にコーヒーやカフェインの含まれている紅茶などを飲んでは、眠ることが出来なくなってしまうでしょう。

 

カフェインの効果は5時間から7時間ほどだといわれているので、夕方にコーヒーを飲むのもお勧めしません。

 

アルコールも、眠気を遠ざける一因です。

 

適度なアルコールなら良いかもしれませんが、飲みすぎると体が休むことが出来なくなってしまいます。
また、アルコールを飲むと眠りが浅くなり、朝起きて十分な満足感を得ることは出来ないでしょう。

 

アルコールは利尿作用の高い飲み物なので、トイレに何度もおきることになってしまうかもしれません。

 

 

これらが主な、突発的要因です。
他にも暑くて寝苦しい夜や体が冷えていて眠れない、咳が出たり喉が痛いなどで眠れなくなってしまう場合がありますよね。

 

 

次に、常用的な要因を説明いたします。

 

多いのがストレスと生活リズムの崩れでしょう。

 

ストレスがたまっていると、交感神経が活発化して眠れなくなるといわれています。
ストレスがたまれたたまるほど、眠れなくなってしまいます。

 

また、眠れないことがストレスになりどんどん悪循環に陥ってしまうのではないでしょうか。

 

人にはそれぞれ生活リズムが存在しています。

 

23時に寝て5時に起きる人もいれば、22時に寝て8時に起きる人もいるでしょう。

 

ついつい夜更かしをして深夜に寝たり、昼夜逆転の生活を送っていると、だんだん生活リズムを改善することが出来なくなってしまい、夜の眠ることが出来なくなってしまいます。
休日なら良いかもしれませんが、仕事等がある日に朝方じゃないと寝付けないのでは困りますよね。

 

生活リズムを整えることは、安眠を得るためにもとても大切なことなのです。

 

眠れないときはどうすればいい?

 

夜眠れないときにおすすめしたことはたくさんあります。
人によって合う合わないがあるので、いくつかチャレンジしてみましょう。

 

まずは深呼吸!

 

眠るために大切なことは、やはりリラックスをすることでしょう。
深呼吸をすると、呼吸が落ち着いて心も落ち着くことが出来るのです。

 

ただ息を吸ってはくだけなのでとても簡単ですよね。

 

 

次に良いのが暖かい飲み物。
特にホットミルクがおすすめです。

 

ホットミルクを飲むことで、心も体も落ち着くことが出来ます。
カルシウムやトリプトファンなどリラックス効果のある成分が含まれているのも、ホットミルクをおすすめするポイントの一つでしょう。

 

他にもホットココアやハーブティーが良いといわれています。

 

体を温めるからといって、コーヒーは絶対に飲まないようにしましょう。

 

 

定番なのが、羊を数える。

 

これは、羊ではなくほかの動物でも良いですし、何でも良いので数を数えてみてはいかがでしょうか?
数ではなく、とりあえず脳内で「あーーーーーー」とひたすら考えてみることもおすすめです。

 

単調なことを考えると、脳内に眠気が来るといわれています。
ごちゃごちゃと考えると不安で眠れなくなってしまう場合がありますよね。

 

適当で単調なことをひたすら考えるのは、安眠のためには欠かせないことなのです。

 

 

軽くストレッチをしてみても良いでしょう。

 

就寝前のストレッチは体の緊張がほぐれてリラックス効果をもたらしてくれます。

 

体を伸ばすのはとても気持ちがいいですよね。

 

激しい運動はいけませんが、軽くストレッチをしてみてはいかがでしょうか?

 

 

それでもだめなら、安眠効果のある成分が含まれた「サプリメント」を服用すると良いかもしれませんね。
安眠サプリメントを飲むことで、一度で簡単に、安眠に良い成分をたっぷりと吸収することが出来ます。

 

飲み続ければそれだけ高い効果を実感し、不眠を改善することが出来るかもしれません。

 

潤睡ハーブはこちらから↓