眠れない・・睡眠薬を使っても大丈夫?

危険な睡眠薬の依存症

 

眠れない日が続くと、さまざまな体調不良を引き起こしやすくなります。
頭がボーっとして仕事が手につかなかったり、ミスも増えてしまうことでしょう。

 

不眠

 

ストレスも溜まってしまうので、あまりにも眠れない人は睡眠薬を使用することを考えますよね。
睡眠薬は、正しい使用方法を守れば、眠りを助けてくれる便利な薬です。

 

しかし、使用方法や薬の種類によっては依存症を引き起こしてしまう可能性があります。
では、睡眠薬の依存症とはどのような状態のことを言うのでしょうか?

 

 

睡眠薬の依存症は、「薬物依存」という状態です。

 

薬物依存にはアルコールやたばこがやめられない状態も含まれるため、意外と身近な依存症です。
薬物を繰り返し使用した結果、効果が切れると薬物を再度使いたいという欲求が湧いてきて、欲求をコントロールできない状態が依存症です。
薬物依存には精神的な原因と身体的な原因がありますが、睡眠薬の場合には身体的なことが原因でやめられなくなってしまいます。

 

睡眠薬を使用している間はよく眠れるので、翌朝の目覚めがすっきりとしているはずです。

 

毎日気持ちよく目覚めて活動を始められるので、これまで感じていた体調不良が改善され、健康的な毎日を送れるようになります。

 

しかし、健康的に生活できていると感じるのは、睡眠薬を飲んでいるおかげです。
自然な睡眠に戻そうと思って薬の使用をやめると、突然眠れなくなってしまい、体調も元の状態に戻ることが多いです。

 

元の状態に戻ると、再び睡眠不足の辛い生活が始まります。
薬の使用でよく眠れる感覚を知ってしまった体は、また睡眠薬を使用したくなってしまうのです。

 

 

使用方法を守り、医師から指示された量だけを飲んでいれば、依存症にはならないと考えている人は多いでしょう。

 

しかし、少ない量の睡眠薬を使用していても、服用期間が長期間に及ぶと依存症になってしまうことがあります。
睡眠薬の使用を決めたら薬に頼り切ってしまわず、どうしても眠れないときにだけ使用したり、翌日に大切な用事があるときにだけ使用しましょう。

 

 

睡眠薬を飲んでいる人の中には、「睡眠薬の依存症になっても、これからずっと睡眠薬を使い続けていけば良い」と考えている人もいるかもしれません。
睡眠薬は、長期間使用を続けることで肝臓に大きな負担をかけてしまいます。
肝臓の病気になってしまったり、体が弱って寿命が短くなる可能性があります。
人によっては他にも副作用を引き起こす場合があるので、睡眠薬に依存することは危険であると認識しておきましょう。

 

 

ハーブと薬どちらが安心?

 

睡眠を助ける薬といえば、睡眠薬を思い浮かべる人が多いでしょう。
睡眠薬を使用している人は確かに多いですが、睡眠を助けるものとして「ハーブ」を使用してみるのも良いかもしれません。

 

ハーブの睡眠薬は、普通の睡眠薬とは違って自然由来の成分で作られています。

 

ストレスから引き起こされることが多い睡眠不足は、化学の力で無理やり眠らせても、薬をやめてしまうと再び元の状態に戻ってしまうことが多いです。

 

また、睡眠薬を使用することによる副作用や依存症も気になりますよね。

 

しかし、ハーブの睡眠薬は化学の力ではなく自然の力で睡眠を促すので、ストレスが溜まった体を自然にリラックスさせていくことができます。

 

免疫力の強化や毒素の排出を促す効果もあるので、ハーブの睡眠薬を使用することで健康的な体を手に入れることができるでしょう。
自然由来の成分なので副作用がありませんし、依存症になってしまうケースも少ないようです。

 

また、長期間飲み続けても、効果が薄れることがないと言われています。
睡眠薬を使用していて恐いのは、使用を続けるにつれて、これまでと同じ薬の量では効果を十分に得られなくなっていくことです。

 

長期間の使用でどんどん薬の量が増え、薬物依存症になってしまう人もいます。
ハーブの睡眠薬は自律神経の状態を無理やり操作する睡眠薬とは違うので、一定の量で効果を得続けることができるのです。

 

ハーブの睡眠薬にはどのような成分が配合されているのでしょうか。
よく使用されているのは、カモミール・パッションフラワー・メラトニンなどの自然由来の成分です。
カモミールの効能についてはこちらをご覧ください。

 

ハーブ

 

何世紀にも渡ってさまざまな国で睡眠療法に活用されてきた植物ばかりで、心と体を落ち着かせて深い眠りを促していきます。
化学品である睡眠薬は、日中に頭痛や怠さなどの副作用を感じてしまう人がいます。

 

しかし、ハーブの睡眠薬であれば日中の副作用を感じることがありません。
夜は深い眠りにつき、日中には頭がすっきりとして集中力ややる気がアップすることでしょう。

 

 

ハーブの睡眠薬は、病院で処方される睡眠薬よりもリーズナブルな価格設定のものが多いです。
体にもお財布にも優しい睡眠薬なので、薬の副作用や通院費などの不安を感じることなく使い続けていくことができます。

 

使用方法がわからなくて困ったときには、睡眠自然療法士のコメントをインターネットなどで検索してみましょう。
ハーブの睡眠薬をより上手く活用する方法を見つけることができるでしょう。

 

 

睡眠薬乱用の恐怖

 

睡眠薬を乱用すると、さまざまな危険性が出てきます。

 

なかなか眠れないとイライラしてしまい、翌日のコンディションにも影響が出ます。
睡眠薬を所持していたら、ついつい眠れるまで飲み続けてしまうかもしれません。

 

長期間使用を続けることで、これまでの量では十分な効果を実感できなくなり、飲む薬の量が増えていってしまう人もいるでしょう。
しかし、このような睡眠薬乱用にはとても恐いリスクがあるのです。

 

 

まずは、睡眠薬を飲むことで起こる可能性がある副作用を知っておきましょう。

 

睡眠薬を飲むと、肝臓に強い負担をかけてしまいます。
そのため、肝臓の機能が低下して食欲不振や吐き気を引き起こす人が多いです。

 

また、薬を飲んだ翌日に体の怠さを感じたり、ボーっとして集中力が続かなくなってしまうこともあります。
これらの症状は、正しい使用方法を守っていれば引き起こされる可能性が低いです。

 

病院で睡眠薬を処方してもらったときには、医師に言われた使用方法をしっかりと守りましょう。

 

 

また、睡眠薬の乱用で引き起こしてしまう恐い副作用もあります。

 

睡眠薬を過剰に飲み過ぎると、自分の意識がない就寝中に歩き回ってしまう夢遊病や、自分の気持ちをコントロールできなくなる精神の不安定に陥ってしまうことがあります。

 

酷い幻覚を見てしまうこともあり、睡眠薬は使い方を間違えると恐い薬であることがわかります。
睡眠薬を過剰に使用したのに突然使用をやめると、酷い睡眠障害に襲われることもあります。

 

睡眠薬の乱用は危険なことだと認識をしたうえで、安全の範囲内で服用しましょう。

 

 

睡眠薬には、使う人の症状に合わせてさまざまな種類のものがあります。
睡眠効果が高い薬は、なかなか寝付けない症状の人が使用していることが多いです。

 

布団に入ったら眠るということを体に覚えさせ、睡眠薬は短期間のみ使用することにします。
そうすることで、効果が高い薬をダラダラと長期間使用することを防ぎ、睡眠薬依存症にならないようにするのです。

 

眠っていたのに夜中に目が覚めてしまう人は、それほど効果が高くない薬を長期間使用していきます。
緩やかに眠りを促す睡眠薬であれば、体への負担も少なく、睡眠薬依存症を防ぐこともできます。

 

病院で診察を受ければ、このように自分の症状に合わせた薬を処方してもらうことができます。
眠れないからといって市販の睡眠薬を乱用せずに、まずはきちんと医師に相談してみましょう。

 

即効性で人気の↓潤睡ハーブ