不眠症について

不眠症の種類と症状

 

不眠症 種類

 

不眠症というと、ただ眠れない病気のことだと思う人が多いでしょう。
しかし不眠症にはいくつかの種類があります。

 

不眠症は、4つの種類に分けることが出来ます。

 

一つ目は入眠障害。
一般的な不眠症は、これに該当するのではないでしょうか。

 

なかなか寝付けない場合や、ベッドに入ってから眠るまでに一時間以上かかる場合は入眠障害に分類されます。

 

二つ目は中途覚醒。

 

一度眠っても夜中に何度も目覚めてしまったり、一度目覚めるとなかなか眠れない場合は中途覚醒に分類されるでしょう。
お酒を飲んでいたり、トイレが近い場合は中途覚醒に分類されやすいでしょう。

 

また、年配の方に多いのも中途覚醒だといわれています。

 

三つ目は熟眠障害。

 

夜はきちんと眠ることが出来る、途中で覚醒することもない。
けれども朝起きると満足感を得られず日中眠気が残る場合が該当されます。

 

熟眠障害は、自覚症状が薄いかたが多いでしょう。

 

他の不眠と違い、わかりやすく眠れないのではなく、眠りが浅い場合が多いのです。

 

お酒を飲むなどをすると、一時的な熟眠障害になる可能性があります。
しかし継続して眠気に満足感を感じない場合は、不眠に該当されるのではないでしょうか。

 

最後は早朝覚醒。

 

文字通り、朝早く起きてしまう睡眠障害のことです。

 

生活リズムが整っていれば、毎日5時に起きることも難しくありませんよね。
しかし早朝覚醒は起きたくないのに朝3時や4時に起きてしまう場合、早く起きすぎてしまい二度寝もできない状態のことを言います。

 

早朝覚醒も、年配の方に多い睡眠障害の症状でしょう。

 

不眠症チェック方法

 

不眠症とただ眠れないだけの症状の境目は、とても曖昧です。
もしかして自分は不眠症かも!と思っても、なかなか判断をすることが出来ませんよね。

 

どうすれば、不眠症かどうか知ることが出来るのでしょうか?

 

一般的に不眠症は、長期間不眠が続くことと、不眠のせいで日中の活動に影響が及ぶことをいうといわれています。
しかしそれ以外にもさまざまなパターンが不眠症に分類されるのです。

 

たとえば以下の項目を確認してみてください。

 

・ベッドに入ってから1時間以上眠れない日々が続く
・夜眠ってからトイレに行きたくて目覚めることが多い
・夜しっかりと眠ったのに朝起きてから倦怠感が残り疲れをとることが出来ない
・イライラしてストレスがたまりがちだ
・日々の睡眠時間はだいたい5時間以下
・まだ眠りたいのに朝早く起きてしまい二度寝をすることが出来ない
・日中眠気やだるさで十分に活動をすることが出来なかったりやる気が出ない
・眠れないことをつらいを感じている
・夜遅く起きる意味もないのについつい夜更かししてしまう
・夜眠れないけど日中は眠くて仕方がない
・カフェイン入りの飲み物やアルコールをよく摂取する

 

これらに該当する項目が多ければ多いほど、不眠に該当するでしょう。
特に8つ以上の場合は精神面や生活面に大きな影響を及ぼす不眠の可能性があります。

 

まずは簡単なことから、不眠症を改善してみませんか?

 

不眠症を改善するには

 

不眠を改善するためには、健康的な生活を送ることが一番です。

 

眠いからといって昼夜逆転生活を送らない、健康的に生活をする、これが一番です。

 

まずは、生活リズムを整えることからはじめましょう。

 

朝起きて夜眠る、眠れなくても設定した就寝時間になったらベッドに入る。これはとても大切なことです。
そして眠れなくてもスマートフォンなどを見ないようにしましょう。

 

布団で横になるだけでも、体を休めることが出来ます。
そして、毎日同じ時間に布団に入るようにしれば、体もどんどん慣れてきて眠れるようになるのではないでしょうか?

 

適度な運動をすることもおすすめです。

 

激しい運動は逆に眠れなくなってしまいますが、軽く運動をしたりストレッチをするだけなら、リラックス効果を高め、適度な疲労感を得ることが出来るでしょう。
日中に全く動かなければ、疲れることもなく眠気が生じることもないでしょう。

 

心地よく眠るためにも、日中適度な運動を心がけてみてはいかがでしょうか?
普段より多めに歩くようにするだけでも、効果的です。

 

眠るためには体を適度に温めると良いといわれています。

 

ホットミルクや白湯を飲んだり、入浴をして体を温めるようにしましょう。
お風呂は眠る一時間前が良いといわれています。

 

体が温まり、少しずつ体温が下がると眠気が生じるといわれているので、一時間がちょうど良い時間帯なのでしょう。

 

食事は眠る3時間前までに終わらせておきましょう。

 

胃腸の働きが活発化している間は眠気が生じません。
3時間ほどたてば、食べた食品の影響を受けることもないでしょう。

 

そのため、22時までに眠りたい場合は19時までに夕食を終わらせるようにしましょう。

 

 

これらはあくまで不眠改善方法の一部に過ぎません。
自分に合った方法を見つけて、不眠を改善してください。

 

不眠症改善効果のあるハーブ

 

ハーブも不眠改善にはおすすめの方法です。

 

特に定番なのが、ハーブティーですよね。
暖かいお茶は体を温め心を落ち着かせてくれます。

 

また、ハーブにはさまざまな効果があり、リラックス効果をもたらしてくれる種類も多いでしょう。

 

安眠効果が高いハーブとして有名なのが、カモミールです。

 

不眠改善冷え性緩和など、さまざまな効果を実感することが出来ます。
また、カモミールには大腸炎や消化不良改善の効果もあるといわれています。

 

レモンバームとローズマリーもおすすめです。

 

レモンバームは心を落ち着かせる効果があります。

 

ストレスや不安感、悩みごとのせいで眠れないときには良いハーブでしょう。
胃腸の調子を整える効果もあります。

 

ローズマリーには血液の循環を促進する効果があり、低血圧の人には特にお勧めです。
血液の循環が良くなれば血行促進効果を得て、快適な目覚めを得ることが出来るでしょう。

 

 

ハーブティーは、お茶の温かさとハーブの効能、香りのおかげで不眠を改善することが出来るのです。

 

しかし、ハーブティーを飲む習慣がない、ハーブティーを持っていない、味が好みじゃない、用意をするのが面倒などネックな部分も多いですよね。

 

そこでおすすめしたいのが、安眠ハーブのサプリメント・潤睡ハーブです。

 

潤睡ハーブは、17種類のビタミン、7種類のミネラル、18種類のアミノ酸、食物繊維に葉緑素などさまざまな成分が配合されたサプリメントです。

 

安眠効果の高いハーブと心地よく眠るためには欠かせない栄養成分がオリジナルブレンドされたハーブなので、飲むだけでどんどん安眠効果を実感することが出来るでしょう。

 

潤睡ハーブはサプリメントなので、ハーブティーのように準備をする手間もかかりません。
毎日飲み続ければ、どんどんサプリメントの成分のおかげで安眠しやすい状態となります。

 

何をしても眠れない、何が原因で眠れないのかわからない、快適な睡眠を得たいという方におすすめのサプリメントが潤睡ハーブなのです。

 

即効性で人気の↓潤睡ハーブ