不眠改善方法

不眠改善の基本的な方法

 

つらい不眠。

 

どんな方法で改善をしたら良いのでしょうか?

 

一番基本的な改善方法は、睡眠環境の改善だといわれています。

 

環境は、とても大切です。
いつもなれた空間でなければ眠れないという人も多いですよね。

 

もちろんいつも寝ている空間であれば落ち着いて眠ることが出来るかもしれませんが、不眠の人は普段寝ている寝室の環境が眠りにくい環境になってしまっているかもしれないのです。

 

まずは安眠しやすいように環境を整えて見ましょう。

 

最適な温度は、20度から25度だといわれています。

 

夏場や冬場眠れないと感じるのは、温度のせいかもしれません。
睡眠中ずっと最適な温度を保つのは大変かもしれませんが、せめて眠りに入るまでの時間は最適な温度を保つようにしましょう。

 

ちなみに最適な湿度は50パーセントから70パーセントだといわれています。
湿度も高すぎるとジメジメして、低すぎると乾燥してしまいますよね。

 

気温と湿度を最適に保つことは、安眠をするためにはとても大切なことなのです。

 

また、室内を暗くすることも大切です。

 

明るくなければ眠れないという人もいるかも知れませんが、やはり朝までしっかりと眠るためには暗い室内のほうが良いでしょう。
電気をきちんと消して、安眠しやすい空間を作りましょう。

 

 

次に睡眠前の心がけです。

 

スマートフォンやパソコンを極力見ない、音を静かに保つ、就寝前にお酒やカフェインを飲まない、リラックスをすることはとても大切です。

 

やったほうが良いことは、ホットミルクやハーブティーを飲むことと、軽いストレッチをすることでしょう。
眠れないからといって無理に眠ろうとせず、落ち着くことも大切です。

 

これらを心がければ、眠れないよりでも眠りやすくなるのではないでしょうか?

 

不眠改善におすすめのつぼ

 

不眠のためにさまざまなことを行ってもなかなか眠れないという人も多いですよね。

 

そんな人は、つぼを押してみてはいかがでしょうか?

 

つぼは、お金もかからず、道具もいらない。
簡単に出来る安眠方法です。

 

眠れない夜はつぼを押すと、眠れるようになるかもしれません。

 

 

たとえば、足にある失眠というつぼは、かかとのふくらみ部分にあります。
こつぼをおすことで不眠改善、神経症緩和、うつやむくみを改善したり、下半身の冷えを緩和することが出来るでしょう。

 

親指で優しく押すだけでも良いですし、つぼ押しの道具を使っても良いでしょう。

 

足には他にも湧泉という足の指を曲げたときに出来るくぼにあるつぼがあります。
このつぼには頭痛を改善したり、リラックス効果をもたらしたり、全身の血行改善効果を実感することが出来るでしょう。

 

 

耳の後ろ部分には安眠というつぼがあります。

 

名前の通り、安眠効果を実感することが出来るでしょう。

 

不眠改善や寝不足を改善したい人にお勧めです。
この部分にはリンパも流れているので、リンパマッサージをする気持ちでつぼを押すと血流も改善されより良い効果を実感することが出来るかもしれませんね。

 

体には他にも、太陽、完骨、天注などのつぼがあります。
眠れない夜のために、安眠効果をあるつぼをいくつか知っておくのも良いかもしれませんね。

 

不眠改善にハーブが効果的!

 

不眠改善にもうひとつお勧めしたいのが、ハーブです。

 

ハーブにはさまざまな効果があります。
特にリラックス効果は有名なのではないでしょうか?

 

ハーブティーを飲んだり、ハーブの香りをかぐことで安眠効果を実感できるかもしれませんね。

 

カモミールはとても有名なハーブです。
リラックス効果が高く、眠れない夜にハーブティーとして飲むと良いでしょう。

 

カモミールのハーブティーにミルクを入れると、更に安眠効果が高まります。

 

フルーティーな甘い香りは心地よさを運んでくれるのではないでしょうか?

 

ラベンダーも香りが良いと評判のハーブです。

 

ラベンダーには精神的なストレスを緩和するという力があります。
緊張をやわらげてくれたり、イライラを緩和してくれるので、精神的に落ち着かないときには良いかもしれませんね。

 

リンデンは、ラベンダーやカモミールに比べるとマイナーな種類のハーブでしょう。

 

しかしナイトティーと呼ばれるほど、リンデンのハーブティーは安眠効果が高いのです。

 

ほんのりと優しい香りのするリンデンは、緊張している夜や眠れないときに心を落ち着かせる効果があるのです。

 

バレリアソは、神様の睡眠薬と呼ばれるほど安眠効果の高いハーブです。

 

特にストレスがたまっているときには良いのではないでしょうか?
海外では医療用ハーブとして使われているほどです。

 

そのため、どうしても眠れないときのためにバレリアソのハーブを常備しておくと良いかもしれませんね。

 

即効性で人気の↓潤睡ハーブ