眠れないのは不眠のせい?

即効性で人気↓

夜眠れないのは病気のせいかも

 

最近寝付き悪い、夜なかなか眠れない、睡眠が浅いような気がする…

 

これ、実は不眠かもしれませんよ。

 

なんとなく眠れない程度なら、放置してしまうかもしれません。
特に日常に支障をきたさなければ、睡眠は適度で十分!と思っている人も多いでしょう。

 

しかし眠れない日々が続くと不眠症に陥り、なかなか眠ることが出来なくなってしまう可能性があります。
一度不眠症になると、眠りたくても眠れないつらい日々となってしまうでしょう。

 

不眠症は、立派な病気の一種です。

 

病気はしっかりと治さなければ、症状はいつまでも続くでしょう。

 

なんとなく眠れない原因である「病気」「不眠症」を改善するためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

不眠症の定義とは

 

眠れないのは一時的なもの?不眠症のせい?

 

不眠症に定義はあるのでしょうか?

 

ただ眠れないだけなら、一時的な場合が多いでしょう。
人は、環境や食事、生活スタイルなどで急に眠れなくなってしまうものです。

 

お酒を飲んだり、カフェインを飲んだり、眠る前に興奮するようなことをすれば、なかなか眠れなくなってしまいます。

 

不眠症に分類されるのは、一ヶ月以上不眠が改善されない場合だといわれています。
そのため、数日眠れない日々が続いても不眠には分類されないでしょう。

 

一ヶ月以上不眠が続くと、日中にさまざまな悪影響が出てきます。

 

集中力が低下し、疲れをとることが出来ず、めまいや頭痛、欝状態になってしまったり食欲不振に陥る場合もあります。
体の疲れが取れないことは、もちろん、夜眠れないということが精神的につらく感じてしまいますよね。

 

もし眠れない日々が一ヶ月以上続いても、あくまで健康体であれば不眠症に分類されないとも言われています。

 

そのため不眠症の定義とは「長期間眠れない日々が続くこと」と「眠れないせいで精神的や身体的に悪影響が出た」ときのことを言うのではないでしょうか?

 

不眠症は一度陥るとなかなか改善することが出来ません。

 

自分に合った不眠改善方法を見つけ、出来るだけ早く夜眠れるようにしましょう。

 

潤睡ハーブはこちらから↓