成分

即効性で人気↓

潤睡ハーブに含まれている成分

 

急速に眠れる!と評判の潤睡ハーブ。

 

気になるのが、その成分ですよね。

 

なぜ眠れるのか、潤睡ハーブの成分の秘密に迫りました。

 

潤睡ハーブに含まれているアミノ酸

 

安眠に欠かせない成分といえば、アミノ酸です。

 

潤睡ハーブには、睡眠や休息に必要な「良質のアミノ酸」がたっぷりと含まれているのです。

 

アミノ酸が不足すると、不眠になりやすいといわれています。

 

特に、潤睡ハーブにはクロレラから摂れる植物性の良質なアミノ酸なので、体に優しく9種類の必須アミノ酸をたっぷりと補うことが出来るでしょう。

 

不眠対策だけではなく、アミノ酸は健康維持にもとても良い働きをもたらしてくれます。

 

安眠効果を促してくれるギャバ

 

イライラに効果的だといわれているギャバは、不眠には欠かせない成分です。

 

イライラしたり落ち着かないと、なんだか眠れなくなってしまいますよね。

 

潤睡ハーブでギャバを補給するこおで、質の高い睡眠をを得ることが出来るのです。

 

他にも、クワンソウ、ラフマエキスなどの植物性の体に優しい成分がたっぷりと含まれています。

 

体を温めるしょうが

 

安眠に欠かせないことといえば、体を温めること。

 

人は、体がどんどん覚めてくると眠気が訪れるといわれています。

 

雪山で遭難すると眠くなる…というのは体がどんどん冷えてくるからだそうです。

 

だから、お風呂上り、ぽかぽかの状態から少しずつ体温が低下していくと心地よく眠れるのでしょう。

 

体の体温が高くなければ、体温も低下せずになかなか眠ることが出来なくなってしまうのです。

 

潤睡ハーブには、体を温めてくれるしょうがの成分が含まれています。

 

ぽかぽかと温かい成分のおかげで眠りやすくなりますし、ぐっすり眠ることが出来るのではないでしょうか?

 

栄養面、精神面、体温面、さまざまな部分から安眠をサポートしてくれる潤睡ハーブなら、不眠で悩んでいる人も心地よく眠ることが出来るかもしれませんね。

 

潤睡ハーブはこちらから↓