カモミール

眠れるハーブ「カモミール」

 

カモミール、有名な花ですよね。

 

カミツレとも呼ばれている、キク科ジャーマン種の花です。
まるでリンゴのような甘い香りがする花で、ハーブティー等にもよく使われています。

 

そんなカモミールは、安眠効果抜群の花!

 

カモミールティーやカモミールの香りは安眠に良いとも評判ですが、なぜなのでしょうか?

 

カモミールには、筋肉の組織を落ち着かせる力があるから、安眠効果を実感できるようです。

 

他にも腹痛や生理痛を緩和するなど、体を落ち着かせる効果が高いみたいですね。

 

また、カモミールには胃の粘膜を修復する作用もあるんだとおか。
消化機能を整えてくれるので、胃腸が傷むときや胃潰瘍等のときにもおすすめのハーブだと思います。

 

最近は、ほかにもカモミールの効能が注目されています。

 

たとえば暴行の炎症を抑えたり、カモミールの香りで花粉症や鼻つまりを改善することが出来る。

 

リラックス効果があるので不眠症を改善できる。

 

冷え性改善、貧血改善、吐き気を抑える作用がある。

 

コンディショナーに使うと艶が出る、などです。

 

鎮静、抗炎症、発汗、利尿、抗菌、殺菌、本当にさまざまな効果を得られるのが、カモミールなのです。

 

しかし、カモミールは妊娠中の人やキク科アレルギーの人は使ってはいけません。
とても体に良いハーブではありますが、注意しながら使用してください。

 

カモミールティーの作り方

 

カモミールティー

 

安眠効果が高いと評判のカモミール!

 

特にカモミールティーは体も温まり、心も落ち着き、眠れないときには特におすすめしたい飲み物です。

 

安眠のためにカモミールティーを飲みたい場合は、夕食後もしくは就寝前に飲むと良いといわれています。

 

また、カモミールには1年草のジャーマンカモミールと多年草のローマンカモミールの2種類がありますが、ハーブティーとしておすすめなのは、ジャーマンカモミールです。
ローマンカモミールは少し香りが強すぎるので、好き嫌いも激しいみたいですね。

 

ジャーマンカモミールなら、リンゴのような甘くさっぱりとしたテイストが香る、心地よいハーブティーを作ることが出来ます。

 

作る方はとても簡単です。

 

まずは、カモミールの花を5から8輪ほど用意しましょう。
花はフレッシュでもドライでもどちらでも大丈夫です。

 

次に、ティーカップ一杯分のお湯を沸かします。
ポットにカモミールを入れたら、熱湯を注いでふたをして、4分前後蒸らしましょう。

 

お湯に色がついてきたくらいでカップに注いで飲んでください。

 

カモミールティーは人によっては若干苦みを感じてしまうかもしれません。
苦いなと感じた場合は、蜂蜜を入れると良いでしょう。

 

適度な甘さが加わり、甘く美味しく飲むことが出来ます。

 

 

しかし、一般家庭にはカモミールの花なんてありませんよね。
ハーブティー、カモミールティーとしても売っていますが、眠れない夜に準備するのが面倒!という人も多いはず。

 

やっぱり、安眠効果を得るためにはカモミールティーよりもサプリメントがおすすめ!

 

潤睡ハーブの方がたくさんのハーブの成分を補うことが出来ますし、お湯を沸かす必要も、ハーブを用意する必要もありません。

 

毎日サプリメントを飲むだけで、どんどん休眠効果を実感し安眠効果を実感することが出来るでしょう。

 

眠れない夜には、ハーブティーよりも潤睡ハーブがおすすめです!

 

即効性で人気の↓潤睡ハーブ